太陽光発電 大企業も相次いで2

太陽光発電、大企業も相次いで進出2
中央日報 - South Korea からお伝えいたします。

現代重工業・閔季植(ミン・ゲシク)副会長は
   「今後、すべての太陽光発電関連部品を供給できるシステムを作る計画だ」と話している。


東洋(トンヤン)製鉄化学は太陽電池の主要材料ポリシリコンの生産を
先月から本格化し、SKCは年内に太陽電池向けフィルムの量産に入る計画だ。

都市ガスの国内最大手、
三千里(サムチョンリ)も最近、全羅南道咸平(チョンラナムド・ハムピョン)に2メガワット級の太陽光発電所を設置した。


太陽光産業が脚光を浴びているのを受けて、定款を見直し、
市場への参入を進める会社も増えている。

上場企業協議会が最近、12月決算法人の定款を分析したところ、
太陽光や原発を事業目的に追加した会社はLG電子、ハンファ、
GS建設など48社にのぼった。

上場企業協議会のカン・ソングォンチーム長は
「世界的にエネルギーが不足する中、新・再生エネルギーを成長動力にしようとする企業が大きく増えている」と話した。


太陽光発電、大企業も相次いで進出2
中央日報 - South Koreaから抜粋してお伝えいたしました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。