三洋電機と新日本石油合の弁会社設立

三洋電機ニュースリリースから抜粋してお伝えします。

三洋電機と新日本石油、薄膜太陽電池の合弁会社を設立

三洋電機株式会社(本社:大阪府守口市)
と 
新日本石油株式会社(本社:東京都港区)は、

1月23日付で薄膜太陽電池合弁会社

「三洋ENEOSソーラー株式会社」を設立いたしました。
資本金は2億円で、出資比率は50%ずつ。

薄膜太陽電池は、最も安価なコストの実現が見込まれる
太陽電池で、大規模発電システム用途を中心に
急速に市場が拡大すると期待されている。

新合弁会社は、三洋電機がHIT太陽電池で培った高い変換効率を誇る
太陽電池要素技術、薄膜太陽電池の基礎技術、

新日本石油が持つガスの原材料技術、大規模な太陽光発電の有望市場と目される中東産油国との信頼関係等、両社の強みを結集する。

早期に事業化し、高性能で信頼性の高い製品を市場に供給することで、薄膜太陽電池のリーディングカンパニーを目指す。

当初、80MW規模で2010年度内に生産・販売を開始した後、
順次生産規模の拡大を図る。国内外を合わせ2015年度に1GW規模、
2020年度には2GW規模の生産・販売を目指す。



三洋電機ニュースリリースから抜粋し お伝えしました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。