三洋、高効率の太陽電池 

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!

NIKKEI NET から抜粋してお伝えします。


三洋、高効率の太陽電池量産 両面発電、能力3割向上
三洋電機は表裏両面で発電できる高効率の太陽電池を量産する。

3月から国内や北米で生産を本格化、
9月に欧州でも始める。両面太陽電池は発電量が従来に比べ30%向上するのが特徴で、商業施設や駅、一般家庭での需要を見込む。

三洋は親会社となるパナソニックとの連携も視野に入れて太陽電池の増産投資を進めており、高発電タイプの投入でさらに攻勢をかける。

結晶型と薄膜型を組み合わせた「HIT太陽電池」の
パネル背面をガラスにした両面タイプを量産する。

一部の公共施設の透明屋根やバス停の雨よけなどに試験的に設置してきた。このほど既存のパネル組み立てラインで両面タイプを効率的に作れる生産技術を確立。

3月に滋賀工場(大津市)とメキシコ工場で本格生産を開始するほか
9月にはハンガリー工場でも生産する計画だ。


NIKKEI NET から抜粋してお伝えいたしました。

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。