太陽光発電システムを搭載住宅とは?

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!

新聞を読んで気になる情報をお伝えします。


大手住宅数社が、太陽発電システムを搭載した住宅を販売を
拡大する計画を示した。

積水化学工業 積水ハウス 大和ハウス工業 ミサワホーム
旭化成ホームズ パナホーム 三井ホーム など

各社は国や自治体が太陽発電導入促進に対し
補助金制度を設けたため

国からは、今年1月に復活した 1キロあたり7万円。
東京都からこれとは別に 1キロあたり10万円
など補助制度を設ける自治体も増えている。


2010年から 電力会社が太陽発電で余った電力を買い取る価格を
  2倍程度引き上げるみとうしとのこと


民間挙げて普及促進から 初期投資回収期間の短縮で  
太陽光発電システム住宅の拡大に勢いが増しそうだ。






これからの時代の  家とは・・?

 使うだけの家から
   エネルギーを作る家へ変化しつつあるのだろう


土地や家が高額だからこそ 
 
そこから生まれる財産が増えるなら
さらに家購入の価値も 大きくなると感じた。


個人的に語れば
価格は どうか下がって欲しいのは 虫のいい話だが
価値あるものを  価格との比較から ですねぇ・・・・


屋根全体が 太陽光発電のパネルで作られた住宅も出てる
羨ましい時代へと日々変化が続いています。



新聞を読んで気になる情報などをお伝えしました。

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。