太陽光発電の余剰分を電力会社が買い

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!
YOMIURI ONLINE から抜粋してお伝えします。

家庭などの太陽光発電の余剰分を
電力会社が高値で買い取る制度が1日、スタートした。


制度導入を当て込んで太陽光パネルの購入者が急増、
電機メーカーは増産体制に入っている。

新制度は、太陽光発電を取り入れた家庭や学校などが使い切れなかった電力の買い取りを電力会社に義務付ける。再生可能エネルギーの導入を後押しすることが狙いだ。買い取り価格は一般住宅で1キロ・ワット時当たり48円で、電力会社がこれまで自主的に買い取っていた価格の2倍。電力会社は10年間続ける。・・・・・・・・・・・・・

実際、太陽光発電設備の購入者は急増中だ。住宅生産団体連合会によると、住宅大手が今年4〜9月に受注した住宅で太陽光パネルを取り付けた物件は前年同期より2〜3倍増、7倍増のメーカーもあった

YOMIURI ONLINE から抜粋してお伝えいたしました。
太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。