オール電化&太陽電池工事の流れ

オール電化&太陽光発電池 
工事の流れ

電話で紹介から
1回目、説明
2回目、大まかなつめ
3回目、屋根測量と契約
    営業企画課長が来る、

    全ての太陽光発電の計算を出た。

    後に営業企画課長の名刺を確認してから^^
    先日から頼んでいた、屋根塗装もこの料金に
    入れられますよねぇ〜とそれと無しに頼む^^

    後、本社と連絡して 企画課長には 素早い
    動きで 無理を通しきって頂いた♪

    (逆に考えると、それだけの儲けは
     たえず会社側は考えての 値交渉なんだなぁ^^と )
 

4回目、前もっての 屋根測量工事担当者が確認家の内外
    の確認に来る書類関係で数回、
    営業企画課長が訪ねて 工事日決定へ


工事は屋根塗装で2日
(雨の多い7月屋根塗装 日をズラしながら完了)

内装工事、ポンプ設置、太陽光発電池設置合計2日
(猛暑で気がかりだが80%完了)

なので工事だけで4日


まだ、
太陽光発電池は接続はできません 

各調査後です。お盆明け?明けたよねぇーーー??
夜間料金パターンなので


13日9時から、
エコ関連の会社が確認と調べ9時半予定だったが、
8時50分ぐらいに来てくれてかなり嬉しい。(東京電力)

14日、
偶然4年に1回の電気漏電検査が午後1時半過ぎから(関東電気協会)
1時半から3時の間に・・3時チョイ前に来てた。待つのは。。疲れる。


ところで、EECさんからの連絡はいつくるのかしら・・・?
連絡は・・・・いつかなぁ〜 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。