高速道路がソーラーパネルに?

面白い が  

いつの日か全て実現になっている世の中ですが・・・

スゴイです。

道路で発電するソーラーパネル開発

greenz.jpグリーンビジネス 高速道路が発電所になる!?道路で発電するソーラーパネル開発へ
http://greenz.jp/2009/09/29/solar_roadway/;

窓ガラスや外壁が太陽電池に

窓ガラスや外壁が太陽電池なら

  もう一件家を買いたい!
そんな夢ニュアンスまで思い浮かべてしまいます。

今や 家と云えば・・・
  システムキッチンの食洗機、風呂場乾燥器(洗濯物を乾かす)当たり前の床暖房が
  不動産情報に出ています。オール電化、エコハウスたらなんたら・・・・
  太陽光発電は地球の為にいいなら 将来コストは
  安くあるべきを頑張って考えている会社を見つけました。

いくつかのネット情報を保存していましたので、リンクさせていますので
是非覗きにいく価値高い。今年の半分が過ぎる前にお伝え致します。

太陽電池ファンの方へ、
既に御存じ情報が 大きく 2つ集まりましたよ。

窓ガラス 有機薄膜太陽電池  住友化学が力を入れてるらしい

住友化学のホームページpdfから抜粋
2012年2月 住友化学は14日、薄い・軽い・曲げれるといった特徴をもつ
有機薄膜太陽電池の変換効率が世界最高レベル 10.6%を達成したと発表した。

同社が開発した材料を使用し、
米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のヤン教授が作製した有機薄膜太陽電池の変換効率が、
米国立再生可能エネルギー研究所(NREL)より認定された。

米国立再生可能エネルギー研究所(NREL)とは、
太陽電池の性能を評価して公式に認定する機関です。

有機薄膜太陽電池は、軽量で薄く、曲げることが可能なため、次世代の太陽電池として実用化が待たれている。住宅の壁や窓ガラス、携帯電話やノートパソコンなどとの一体型製品の用途他、

将来はさらに変換効率や耐久性を向上させ、一般家庭の屋根置き用や室内の壁や透明な窓ガラスとの一体型製品等の用途をターゲット採用が期待される
家住友化学のホームページ pdfへ 


外壁
塗布変換型有機太陽電池の
  三菱ケミカルホールディングス
が、いろんな方面から活躍の芽を出しています。

三菱ケミカルホールディングスと
読売新聞より抜粋

塗布変換型有機化合物を塗布する太陽電池(OPV)を
世界で初めて開発。

新開発のOPVとは、
フィルム基板の上にBP(ベンゾポルフィリン)=p型、FLN(フラーレン誘導体)=n型の2種類の有機半導体を  塗料のように塗って製造。

ガラス基板が不要で各層がナノサイズの薄さになるため、
従来製品に比べて重さ1/10以下と非常に軽い上、柔軟性が高く、
簡単に曲げられます。

太陽電池パネルを設置するには強度の足りない建物にも設置可能
光のエネルギーを電力に変換する効率も約11%で、
実用化できる水準に達している。

発電能力は1平方メートルあたり80ワット程度で、
現在使われている一般的なパネル型
(変換効率14〜15%)の6〜7割程度の発電ができる。

有機太陽電池は重いガラスの基板を使う現在の太陽電池より
製造も容易で、生産コストはパネル型の 10分の1程度に抑えることもできるといわれている。
協奏で成果:2015年までに市場投入

家三菱ケミカルホールディングス
家三菱化学梶@OPV事業推進室 山岡弘明pdf(11ページあたりからイメージが出ています。)

以上です。

ソーラーパネル(solar panel)

ニューヨーク共同

米グーグルは14日、家庭に太陽光発電を普及するための
基金に2億8千万ドル(約220億円)を投資すると発表した。

同社の再生可能エネルギー分野への投資では過去最大で、
累積額は6億8千万ドル以上となった。

米新興企業ソーラーシティーが太陽光パネルを利用者に
貸し出す際に、基金を使ってパネルを設置する。

利用者は前払い金なしでパネル使用料を毎月支払う仕組み。
電気代が減るため、総額では節約になるという。

TOKYO Webから抜粋させて頂きました。


他の関連ニュースでは・・・・

グーグルによるグリーンエネルギーへの投資は、
今回で7回目となり、累計投資額は6億8000万ドルを超えた。

グーグルが今回投資する2億8000万ドルにより、今後1年半で、
およそ1万世帯分の太陽光発電システムが設置される予定だ。

************************************



世界のグーグルだけあります。
さすがに頭の回転がいい。


”家庭に太陽光発電を普及”という 
もっとも難関を越える事が地球のエネルギーのエコに繋がり
世の富にも繋がることを本当に良く理解されていますよねぇ


電気代が減り、パネル使用料を払うとなれば
フムフムしかも貸出のソーラーパネルか・・
日本ではいったいそのラインはどうなの?

これからは、パネル貸出の時代なのねぇ、ところで日本国内には
ソーラーパネル貸出企業ってあるの?
って読んだ大企業の方々既にされていたり・・・・




ソーラーパネルはどんどん薄くいろんな場所に設置できるよう
工夫されてきていますねぇ

勿論、太陽電池単独では、
御存じ小さな携帯のものもかなり出ています。



ソーラーパネル(solar panel)は、
太陽電池をいくつも並べて相互接続し、パネル状にしたもの。

太陽電池パネル(photovoltaic panel)、
太陽電池モジュール(photovoltaic module)。

ソーラーパネルはさらに大きな太陽光発電システムの部品として使われ、
商用や住宅用に電力を供給する。



生産 2009年時点で全世界で、
発電能力にして7.5GWのソーラーパネルが設置済みである。

IMS Research は、今後さらにソーラーパネルの出荷が増えると予測している。

2011年7月には、昭和シェル石油の子会社ソーラーフロンティアが
宮崎県に年間生産能力は900メガワットの単一工場としては
世界最大級のラインを稼動させる。

因みに
2009年に生産したソーラーパネルの発電量で比較した
上位10社は次の通りである

1.ファースト・ソーラー(アメリカ)
2.サンテッサンパワークパワー(中国)
3.シャープ(日本)
4.英利(中国)
5.トリナ・ソーラー(中国)
6.サンパワー(アメリカ)
7.京セラ(日本)
8.カナディアン・ソーラー(カナダ)
9.ソーラーワールド AG(ドイツ)
10.三洋電機(日本)

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!

太陽光発電の余剰分を電力会社が買い

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!
YOMIURI ONLINE から抜粋してお伝えします。

家庭などの太陽光発電の余剰分を
電力会社が高値で買い取る制度が1日、スタートした。


制度導入を当て込んで太陽光パネルの購入者が急増、
電機メーカーは増産体制に入っている。

新制度は、太陽光発電を取り入れた家庭や学校などが使い切れなかった電力の買い取りを電力会社に義務付ける。再生可能エネルギーの導入を後押しすることが狙いだ。買い取り価格は一般住宅で1キロ・ワット時当たり48円で、電力会社がこれまで自主的に買い取っていた価格の2倍。電力会社は10年間続ける。・・・・・・・・・・・・・

実際、太陽光発電設備の購入者は急増中だ。住宅生産団体連合会によると、住宅大手が今年4〜9月に受注した住宅で太陽光パネルを取り付けた物件は前年同期より2〜3倍増、7倍増のメーカーもあった

YOMIURI ONLINE から抜粋してお伝えいたしました。
太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!

太陽光発電システムを搭載住宅とは?

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!

新聞を読んで気になる情報をお伝えします。


大手住宅数社が、太陽発電システムを搭載した住宅を販売を
拡大する計画を示した。

積水化学工業 積水ハウス 大和ハウス工業 ミサワホーム
旭化成ホームズ パナホーム 三井ホーム など

各社は国や自治体が太陽発電導入促進に対し
補助金制度を設けたため

国からは、今年1月に復活した 1キロあたり7万円。
東京都からこれとは別に 1キロあたり10万円
など補助制度を設ける自治体も増えている。


2010年から 電力会社が太陽発電で余った電力を買い取る価格を
  2倍程度引き上げるみとうしとのこと


民間挙げて普及促進から 初期投資回収期間の短縮で  
太陽光発電システム住宅の拡大に勢いが増しそうだ。






これからの時代の  家とは・・?

 使うだけの家から
   エネルギーを作る家へ変化しつつあるのだろう


土地や家が高額だからこそ 
 
そこから生まれる財産が増えるなら
さらに家購入の価値も 大きくなると感じた。


個人的に語れば
価格は どうか下がって欲しいのは 虫のいい話だが
価値あるものを  価格との比較から ですねぇ・・・・


屋根全体が 太陽光発電のパネルで作られた住宅も出てる
羨ましい時代へと日々変化が続いています。



新聞を読んで気になる情報などをお伝えしました。

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!

三洋、高効率の太陽電池 

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!

NIKKEI NET から抜粋してお伝えします。


三洋、高効率の太陽電池量産 両面発電、能力3割向上
三洋電機は表裏両面で発電できる高効率の太陽電池を量産する。

3月から国内や北米で生産を本格化、
9月に欧州でも始める。両面太陽電池は発電量が従来に比べ30%向上するのが特徴で、商業施設や駅、一般家庭での需要を見込む。

三洋は親会社となるパナソニックとの連携も視野に入れて太陽電池の増産投資を進めており、高発電タイプの投入でさらに攻勢をかける。

結晶型と薄膜型を組み合わせた「HIT太陽電池」の
パネル背面をガラスにした両面タイプを量産する。

一部の公共施設の透明屋根やバス停の雨よけなどに試験的に設置してきた。このほど既存のパネル組み立てラインで両面タイプを効率的に作れる生産技術を確立。

3月に滋賀工場(大津市)とメキシコ工場で本格生産を開始するほか
9月にはハンガリー工場でも生産する計画だ。


NIKKEI NET から抜粋してお伝えいたしました。

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!

太陽電池世界3位の中国サンテック日本進出

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!

NIKKEI NET から抜粋してお伝えします。


太陽電池世界3位の中国サンテック、日本進出 販売網100社構築

中国の太陽電池メーカーで、世界シェア3位の尚徳太陽能電力(サンテックパワー)は、家庭用太陽光発電装置の販売で日本市場に本格参入する。

25日から販売代理店の募集を開始し、年内をメドに100社程度の国内販売網を構築、発電効率の高い新製品も発売する。

政府や自治体の補助金制度が相次いで整備されており、
今後、市場の拡大が見込めると判断した。

海外有力メーカーの参入でシャープや京セラなど国内メーカーとの市場争奪が激化しそうだ。

江蘇省無錫市の工場で生産した太陽光発電装置を輸入し、販売する。

太陽光発電装置の施工をする地域の工務店やリフォーム会社、
電気店などを対象に販売代理店を募る。全国規模の販売網を年内にも構築し、本格的な販売に乗りだす。


NIKKEI NET から抜粋してお伝えいたしました。

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!

京セラ(天津)太陽電池モジュール

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!
京セラニュース から抜粋してお伝えします。

アジア市場向け太陽電池モジュールの生産体制拡充へ
京セラ(天津)太陽エネルギー有限公司新工場棟建設について


発表日:2009年2月20日


京セラ株式会社(社長:川村 誠)は、中国・天津市にある太陽電池モジュールの生産拠点、京セラ(天津)太陽エネルギー有限公司において、生産能力を拡充するため、新工場棟を建設

このたびの新工場棟建設は、京セラが太陽電池セルの生産量を650MW(2011年度)へと増産していくことにあわせ、モジュール生産についても生産体制の拡充をおこなうものです。

アジア市場向けを中心とした太陽電池モジュールの生産を行う同社の生産能力は、現在60MW/年ですが、
2011年以降に最終的な生産能力240MW/年を目指し設備を増強し

新工場棟は、本年4月に着工し、2010年春頃に竣工する予定です。

完成後は、京セラ(天津)
太陽エネルギー有限公司の現在の生産機能を順次新工場棟に移管し、最終的には全面移管する予定です。

京セラは、2003年、
中国や日本をはじめとするアジアでの太陽電池市場の成長を見込んで、日本企業として初めて、中国における太陽電池モジュールの生産拠点を開設しました。

太陽光発電は世界的に注目されており、京セラ(天津)太陽エネルギー有限公司は、アジアの主要市場を支えるグループの生産拠点のひとつとして、日本、メキシコ、チェコの各工場とともに、京セラの太陽電池モジュール製造における世界4極体制の一翼を担っています。
京セラは、今後も市場のニーズに確実に応えられるよう、太陽電池モジュールの生産能力増強を着実に進め、ソーラーエネルギー事業のさらなる拡大を図ってまいります。



京セラ 二ュースからお伝えいたしました。

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!

ホンダ第2回国際太陽電池展出展

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!

Dream News から抜粋してお伝えします。


ホンダは、2月25日から東京ビッグサイトで開催される太陽光発電に関する国際専門展である「第2回国際太陽電池展」
(PV EXPO 2009。主催:リードエグジビションジャパン)に、
太陽電池システムを出展する。

今回同社が出展する独自開発の薄膜太陽電池は、
銅 - インジウム - ガリウム - セレン(CIGS)の化合物を素材とした薄膜で形成される。


製造時から環境に優しい太陽電池として

2007年10月に
同社の100%子会社であるホンダソルテックが一般住宅向け商品の販売を開始。
2008年10月は、
需要の高い、大容量発電が可能な公共・産業向け商品も販売している。

同社は、二輪車・四輪車・汎用商品の生産・使用時におけるCO2排出削減に加え、家庭用小型コージェネレーションユニットや薄膜太陽電池など、家庭でエネルギーを創り出す商品の展開にも力を入れ、地球温暖化防止に向けた全方位での取り組みを強化している。


Dream News
から抜粋し お伝えいたしました。

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!

太陽光発電&風力発電 エコストア宮古島  

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!


琉球新報から抜粋してお伝えいたします。

宮古島:エコストア 風力発電、壁面緑化も

宮古島 琉球ジャスコの栗本建三社長は19日、
宮古島市役所で記者会見し風力や太陽光発電などを備え、環境に配慮したエコストアとして「イオンタウン宮古南ショッピングセンター」(仮称)を11月にオープンすると発表した。
苫小牧ショッピングセンター
年間の二酸化炭素(CO2)排出量を既存同規模店舗と比べ約3割相当の250トン削減を目指す。同市の「エコアイランド宮古島」宣言と連動した取り組み。開店に合わせ地元中心に約300人を雇用する方針。

全国のイオングループで国内最大の(北海道)に次ぐ規模の
エコストアとなる。

駐車場に 風力発電、
屋根に 太陽光発電を設置し
壁面 緑化も進める。

将来的に電気自動車の 高速充電設備も検討する。

エコ宣言と連動し市内で植樹や敷地内での環境教育も展開。
宮古産農作物の取り扱いも進める。

会見には下地敏彦市長も同席し「国内でも規模の大きなモデルになると期待する。環境に優しいことを全国へ発信できれば心強い。
新たに300人の雇用が生まれ、地域経済活性化へのインパクトも強い」と歓迎した。

栗本社長は
「県は2010年に2000年比でCO2の8%削減が目標。
地域の取り組みが重要で、ショッピングセンターが
(環境モデル都市を象徴する)ランドマークになればよい」
と語った。

同ショッピングセンターは400台収容の駐車場を備え敷地面積2万5000平方メートル、店舗面積9000平方メートルを予定。現在、宮古島市平良松原にあるマックスバリュ宮古南店(敷地約8000平方メートル、店舗約1000平方メートル)を核に拡大し、ファッションやインテリア、レストラン、アミューズメントなど約20の専門店が入居する予定。



琉球新報から抜粋してお伝えいたしました。

太陽光発電(たいようこうはつでん) 知っ得!

三洋電機と新日本石油合の弁会社設立

三洋電機ニュースリリースから抜粋してお伝えします。

三洋電機と新日本石油、薄膜太陽電池の合弁会社を設立

三洋電機株式会社(本社:大阪府守口市)
と 
新日本石油株式会社(本社:東京都港区)は、

1月23日付で薄膜太陽電池合弁会社

「三洋ENEOSソーラー株式会社」を設立いたしました。
資本金は2億円で、出資比率は50%ずつ。

薄膜太陽電池は、最も安価なコストの実現が見込まれる
太陽電池で、大規模発電システム用途を中心に
急速に市場が拡大すると期待されている。

新合弁会社は、三洋電機がHIT太陽電池で培った高い変換効率を誇る
太陽電池要素技術、薄膜太陽電池の基礎技術、

新日本石油が持つガスの原材料技術、大規模な太陽光発電の有望市場と目される中東産油国との信頼関係等、両社の強みを結集する。

早期に事業化し、高性能で信頼性の高い製品を市場に供給することで、薄膜太陽電池のリーディングカンパニーを目指す。

当初、80MW規模で2010年度内に生産・販売を開始した後、
順次生産規模の拡大を図る。国内外を合わせ2015年度に1GW規模、
2020年度には2GW規模の生産・販売を目指す。



三洋電機ニュースリリースから抜粋し お伝えしました。

米社の果樹園に太陽電池モジュール

太陽光発電

IP NEXT ニュース[2008/10/29]からお伝えします。
三菱電機、米社の果樹園に太陽電池モジュールを納入


三菱電機は28日、レモンなどの柑橘類を栽培・販売する米リモネイラ社の果樹園に、太陽電池モジュールを納入したと発表した。

納入したのは、モジュールの鉛使用量がゼロ(0g)で、製品自体への環境負荷が小さい「無鉛はんだ太陽電池モジュール」6,400枚。

総設置面積は約2万2,260uで、リモネイラ社の総電力使用量の約1/3に相当する、200万kWh/年の発電量が期待できるという。

太陽電池の周囲には草木が植えられており、モジュール表面に砂埃が堆積し、発電量が低下するのを抑制できる。

また、草木は羊に食べさせて、太陽光を遮らない高さに維持されるなど、より有効な発電を実現する設置環境となっている。

 三菱電機は今後、欧米での太陽電池市場の拡大を見込み、2011年度中に600MW生産体制の確立を計画しており、販売エリアの拡大も進める方針。

IP NEXT ニュース から抜粋してお伝えしました。

ソーラーパネル搭載「iPhone」が開発中?

ソーラーパネル搭載「iPhone」が開発中?出願特許から明らかに
Appleは、モバイル機器への太陽電池セル搭載が気に入ったようだ。

CNETニュースからお伝えいたします。


ソーラーパネル搭載「iPhone」が開発中?出願特許から明らかに
Appleは、モバイル機器への太陽電池セル搭載が気に入ったようだ。

MacRumors.comによって明らかにされた、ある出願特許では、太陽電池セルをポータブル機器に搭載するためのテクノロジが詳述されている。出願特許に名前が挙げられた発明者は、いずれもAppleの従業員であり、iPod担当のエンジニアも含まれている。

携帯機器に小型のソーラーパネルを採用することは、何も新しいアイデアではない。すでに市場には、そのような製品も出回っている。しかしながら、Appleは革新的な手法で、
携帯機器への太陽電池セルの搭載を進めようとしている。

Appleのエンジニアは、別個に充電器を用意するのではなく、もっと目立たない方向性で、デバイス内部に太陽電池セルを組み込むことを目指してきたのだ。

発電を担うセルは、デバイスのディスプレイ底部に配置されることになる。

出願特許に具体的に示されている点として、
半透明のディスプレイが用いられ、その下に太陽電池セルが置かれる。

共に組み込まれることにより、デバイスの表面には「少なくとも1枚のガラスレイヤが、太陽電池セルレイヤにセットされ、フレキシブルなプリント基板(PCB)レイヤは、電気的また機械的に太陽電池セルレイヤと統合されることになる」と、出願特許には記されている。

この統合設計により、
PDAであれ、ポータブル音楽プレーヤーであれ、モバイル機器に別個のソーラーパネルを装着することなく、太陽光での充電性能が搭載されることになる。

さらに出願特許には、データ処理システムやメモリを含む、
デバイス内の特定の電気部品に、
複数の太陽電池を統合するテクノロジに関しても明らかにされている。

CNETニュースから  抜粋してお伝えいたしました。

東京応化と米IBM CIGS系太陽電池

東京応化と米IBM次世代太陽電池の製造プロセス技術を共同開発

IBM社と東京応化工業、CIGS系太陽電池の 製造プロセスを共同開発へ
EDN Japan ニュース からお伝えいたします。

米IBM社と東京応化工業は2008年6月、
新方式の太陽電池製造プロセスおよび大面積太陽電池モジュールの量産化プロセス技術を確立するために、共同開発を行うことを発表した。

両社は今後、

現在主流のシリコン結晶系の太陽電池において課題となっている
原材料の確保や製造過程での電力使用量の問題を解決するために、


非シリコン系のCIGS(銅:Cu、インジウム:In、ガリウム:Ga、セレン:Seで構成される薄膜状態の化合物)を利用した太陽電池モジュールの製造プロセス技術/材料/装置の開発を目指すという。

IBM社の研究部門は、
光電変換層にCIGSを用いて常温/常圧下で太陽電池を製造するプロセス技術の開発を進めており、

15%以上の発電効率の実現を目指している。

一方、東京応化工業は
半導体/液晶ディスプレイパネル製造の分野における塗布技術や高純度化学薬品を手掛けている。

両社はこれらの技術を融合させることで、

CIGS系太陽電池モジュールの量産化プロセス技術の開発を加速するとしている。

IBM社と東京応化工業、CIGS系太陽電池の 製造プロセスを共同開発へ
EDN Japanからお伝えいたします。

Intel,太陽電池事業を分社独立化

Intel,太陽電池事業を分社独立化へ,名称は「SpectraWatt」
ITpro からお伝えいたします。

米Intelは米国時間2008年6月16日,
太陽電池製造事業の新会社設立を発表した。
同社のNew Business Initiativesグループ内で立ち上げた
再生可能エネルギー源に関する新規事業を分社化する。

新会社の名称は「SpectraWatt」。
手続きは2008年第2四半期中に完了する見込み。

新会社は,太陽電池の製造を手がけ,ソーラー・システム部品メーカーに供給する。先進の太陽電池技術に注力するだけでなく,既存の製造工程の向上とエネルギー生成のコスト削減にも焦点を当てる。

工場および開発設備をオレゴン州に建設する。
2008年下半期に着工し,2009年半ばまでに最初の製品出荷を目指す。

Intelの投資事業Intel Capitalが中心となって5000万ドルを出資する。

米Goldman Sachs Groupの子会社Cogentrix Energy,米PCG Clean Energy and Technology Fund,ドイツSolonが出資に参加する

ちなみにIntelが引用したドイツPhoton Consultingの調査によると,

太陽光発電のエンドユーザー市場は,2007年に前年比50%成長し,

約300億ドル規模に達した。

太陽光発電業界は,今後数年にわたり,年平均成長率30〜40%で拡大し続ける見通し。

ただし,現時点で1キロワットあたりの費用は,既存の電力配給と比べ約2倍高い。

ITpro から  抜粋してお伝えいたしました。

太陽光発電 大企業も相次いで1

太陽光発電、大企業も相次いで進出1
中央日報 - South Korea からお伝えいたします。


太陽光発電、大企業も相次いで進出
各大企業が原油高時代の代案に選ばれる太陽光発電
       (ソーラー発電)事業に相次いで進出している。
       

現在、太陽光発電の世界市場は日本、米国、ドイツなど先進諸国が牽引しているが、

最近は国内企業も新しい成長動力事業とされる
       同分野に大規模な投資を行っている。

三星(サムスン)経済研究所によると、

太陽光発電の世界市場は05年150億ドル(1兆6000億円)から
  2010年には361億ドルへと、倍以上の規模に増える見通しだ。


韓国内の太陽光発電量も04年 2.6メガワットから昨年には44メガワットと大きく増えた。今年は100メガワット、
2020年には4ギガワットに増える見込みだ。


1メガワットは200〜300世帯が1年間使える量だ。

三星(サムスン)経済研究所の康熙燦(カン・ヒチャン)首席研究員は

韓国の太陽光発電が  石油・石炭など化石燃料並みの  経済性を確保する時点は、

 日本(2010年)、


   米国(2015年)      
     より遅い2020年ごろになるだろう」
      
                   と話している。
     
     
     
太陽光発電、大企業も相次いで進出1
中央日報 - South Koreaから抜粋してお伝えいたしました。 

太陽光発電 大企業も相次いで2

太陽光発電、大企業も相次いで進出2
中央日報 - South Korea からお伝えいたします。

現代重工業・閔季植(ミン・ゲシク)副会長は
   「今後、すべての太陽光発電関連部品を供給できるシステムを作る計画だ」と話している。


東洋(トンヤン)製鉄化学は太陽電池の主要材料ポリシリコンの生産を
先月から本格化し、SKCは年内に太陽電池向けフィルムの量産に入る計画だ。

都市ガスの国内最大手、
三千里(サムチョンリ)も最近、全羅南道咸平(チョンラナムド・ハムピョン)に2メガワット級の太陽光発電所を設置した。


太陽光産業が脚光を浴びているのを受けて、定款を見直し、
市場への参入を進める会社も増えている。

上場企業協議会が最近、12月決算法人の定款を分析したところ、
太陽光や原発を事業目的に追加した会社はLG電子、ハンファ、
GS建設など48社にのぼった。

上場企業協議会のカン・ソングォンチーム長は
「世界的にエネルギーが不足する中、新・再生エネルギーを成長動力にしようとする企業が大きく増えている」と話した。


太陽光発電、大企業も相次いで進出2
中央日報 - South Koreaから抜粋してお伝えいたしました。

太陽光発電 大企業も相次いで3

太陽光発電、大企業も相次いで進出 3
中央日報 - South Korea からお伝えします。

「太陽光市場を先取りせよ」
  =LGグループは太陽光発電をグループの新たな従産業に選んだ。

最近1200億ウォンを注入し、
忠清南道泰安(チュンチョンナムド・テアン)に 
14メガワット級の太陽光発電所を建設、来月から商業生産を開始

特にLGグループはLGソーラーエネルギー、
LG化学、LG電子など各系列会社を通じて
部品生産と発電所の建設や管理など一貫したシステムを構築し、
競争力を確保したと評価されている。



現代(ヒョンデ)重工業も20日、
忠清北道陰城(チュンチョンブクド・ウムソン)に太陽電池など
部品を生産する工場を建設した。

340億ウォン(約34億円)が投入された同工場は年間
30メガワットを発電できる部品を生産する計画だ。
同社は09年まで2000億ウォンの追加投資を行い、第2工場を建設、年間1兆ウォンの売上げを目指すとしている。


太陽光発電=太陽電池に光が触れると電気が生じる原理を利用する。
環境の汚染と公害がなく、維持・管理が簡単なのも強みだ。


だが現段階では
発電コストが石油や石炭など従来の燃料の10倍ほどで、
経済性が落ち、政府がその差額を支援している。

気象条件次第では発電量が一定でないという点も短所だ。



中央日報  から抜粋してお伝えいたしました。

伊藤忠ノルウェーの太陽光発電会社へ出資

伊藤忠商事は29日、太陽光発電システムを手掛ける
IP NEXT ニュース からお伝えします。


ノルウェーのScatec Solar(スカテック)に出資すると発表した。
出資金額は約13億円で、スカテックの新規発行株式を引き受ける。

増資後の持株比率は10%。
欧州で普及が進む太陽電池事業を拡大するのが狙い。 ...


ノルウェー 太陽光発電システムインテグレーター
Scatec Solar AS社への出資
について 08年5月29日



伊藤忠商事株式会社は、
この度、欧州を中心に4ヵ国に拠点を展開、

大型ソーラーパーク設計、建設、販売を行う太陽光発電システムインテグレータ(以下SI) Scatec Solar AS社
(本社:ノルウェー オスロ市、社長:Jan Magnussen)の
新規発行株式を引き受け、非常勤取締役を一名派遣し、
経営参画していくことで現経営陣と合意を致しました。 
出資金額は約13億円、増資後の総発行株数の10%にあたります。

Scatec Solar AS社は、当社が2006年12月に出資、2008年3月に増資引受(現在出資比率:4.6%)をした太陽電池用ウェーハー製造会社NorSun社の兄弟会社にあたり、太陽電池バリューチェーンの下流部展開を目的とし2007年2月に設立されました。 

ドイツ・チェコ・ブルガリア等EU内新興市場を重点展開し、

2010年には130MW規模の販売を目標としております。
又、並行して今後太陽電池の普及拡大が進むにつれ多様化する客先ニーズ、強まるコスト低減要求に応えるべく新技術への投資、取り込みも積極的に行ってまいります。


IP NEXT ニュース   から抜粋してお伝えしました。

伊藤忠、欧州に大型太陽光発電

Nikkei NET  からお伝えします。


伊藤忠、欧州に大型太陽光発電
伊藤忠商事は欧州で
大規模な太陽光発電施設の開発事業を始める。


1100億円を超す資金を投じて、まず東欧で広大な敷地に太陽電池パネルを敷き詰めた  「ソーラーパーク」を建設する。


欧州各国は
環境保全のため二酸化炭素(CO2)を排出しない  

太陽光発電への助成策を拡充している。


シャープ住友商事 も 発電事業を計画しており、
   日本企業が一斉に  欧州での事業に動き始めた。


ドイツやスペインでは太陽光による 
   電力は 電力会社が家庭用電力料金の 3倍の価格で購入する。
 

東欧など他の国も優遇策の導入を進めている。(07:00)

Nikkei NET  から抜粋してお伝えしました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。